FC2ブログ

気高い自由

2009年04月20日 22:02

久しぶりにテイタラクな体に鞭打ってクライミングでもやろうと思い、仕事を早めに切り上げて勇んで「ランナウト」に行ったのだが月曜日で定休日…なにやってんだオレ…そんなことも忘れてしまったんだ。確か前も同じことやってた気がするなあ。アル中ハイマーまっしぐらといった感がある。

ジムに行こうと思ったのはいくつか理由がある。まず数年前にジムに連日のように通っていた時に登っていた仲間が4段なるグレードを登ったということだ。ボルダリングを知らない人に説明すると4段というのはたぶん東大に入学するのより、電通に入社するのより難しいと思う、、、例えが相当乱雑だがそんなとこである。クライミングは掛け値なしに面白い。そういう仲間の活動に刺激を受けてまたやりたくなったんだ。

そして今やっているスキー登山のレベルを上げるためだ。今季の山ではなかなかシビアな局面にあった。単独では小さなミスで命取りになる。山をなめてはならない。ガメラ先生も言っていたが山の技術を上げることが軽量化を実現しあらゆるリスクを減らす…クライミング、とくにアルパインクライミングの技術は山スキーには欠かせないと僕は思っている。
山で必要なのは勇気と臆病さ、このふたつのバランスだ。それは日常社会でも言えるか。でも臆病さは誰もが兼ね備えている。勇気…それが人間を人間たらしめているのだろう。

キング牧師の勇気、ガンジーの勇気、全ての心ある人の勇気、そして優れたスキーヤーやアルパインクライマーの持つ生物を越えた人間のみが持つ気高い勇気と自由の精神に僕は惹かれ憧れる。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nomads.blog121.fc2.com/tb.php/80-9bb5d8c3
    この記事へのトラックバック


    最新記事